メインイメージ画像

防犯管理がとても大きな問題

複雑な仕事や重要な個人情報を扱っているオフィスでは防犯管理がとても大きな問題となっているはずです。近頃のオフィスビルではこういった事を入退室管理システムを利用して管理しているようですが、これから導入を思案している企業の方には迷っている方もいるはずです。仮に導入した際にどういった具体的効果があるか気になるはずです。例えば導入してもどんなふうに構築したらいいか不明だったり、同僚間のカードの貸し借りや共連れが蔓延しているオフィス。またトラブルが起こった際に証跡管理を強化する重要性があったり、監視システムと一緒に使いたいなぁと思いませんか?これらの考えや導入すれば解決できます。

悩む前に一度相談してみることを提案します。

人体の内部を使用して本人確認できるタイプが静脈認証です。個々により静脈パターンは違いますが、大きさ以外はずっと変わりません。この認証方法は赤外線などを使用して読取りをするので、利用者は器具は手を触れる事なくとても衛生的な面があります。

指紋のような体表の判断では複製されてしまう恐れがあるのですが、静脈は体内部にあるため複製がとても困難なのです。実は血流があるか判定できる技術も作られています。また、声のように人間の状態にさほど影響されにくい部位のため安定的に高い判定率を表すことができる箇所が特徴です。より精度が高く、ミスの少ないやり方を使うことで、会社は本人確認などの処理効率をことにアップする事が望めるでしょう。

更新情報